親が知っておきたいプログラミング教育

小学生へのプログラミング教育導入は情報を収集、整理、発信する力や文字入力などの基本的な操作機能、情報モラルといった情報活用能力などのITリテラシーを身につけることも目的のひとつです。そのため、ICT環境が整備され、ICTを活用した学習も増えていくことになります。また、これから成長していく子どもたちはAIの発達により、これから先の世の中がどんなものになるのか見通しが難しい中で生きていくことになるわけです。物事を論理的に考えるプログラミング的思考は、そんな社会を生き抜いていくために時代を超え普遍的に必要になってきます。加えてプログラミング的な考え方を学ぶとともに、プログラミング体験を通じてコンピューターは面白い、便利なのだと感じたり、興味や意欲を育てることも目的とされています。このプログラミング教育というのは、学校単位で授業の内容は決められていくので、それぞれ学校ごとの特色が生まれると同時に格差も生まれることが懸念材料のひとつです。導入当初は差が出やすいのも考慮して、親は情報を集めるなど学校選びのひとつの基準として、プログラミング教育を考えることが大事です。

".file_get_contents('http://links-001.com/kanren4set.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

最新投稿

  • 算数教育の今後はどうあるべきか

    昔から、算数教育では、操作活動とか算数的活動といって、具体物を使ったり、実際に体験してみるという学習 …

    続きを読む...

  • 文を丁寧に読み込んでいくことが国語の教育です

    昨今の国語教育は、授業時数削減のために、物語文が激減しています。物語文こそ、言葉を覚え、気持ちを想像 …

    続きを読む...

  • 道徳教育の昔と今を比較すると大きな変化があります

    昔は、道徳の時間といえば、テレビ教材を視聴したり、クラスに山になって積まれている副読本を国語のように …

    続きを読む...

  • 教育を担う教師の待遇改善が必要です

    昔の先生といえば、威厳があって保護者が丁寧でおそれ多い対応をとっていたものと考えます。保護者の言動の …

    続きを読む...

お知らせ

一覧